施術者:河野 亜美 (かわの あみ)

 

都立国立高校卒、慶應義塾大学文学部イスラーム史専攻卒。

新卒時は(株)リクルートにて法人営業職につく。写真業界で2年余を過ごしたのち、販促品企画会社へ入社。法人営業、楽天市場「ティッシュのお店ふんわり」店長、事務・総務職を経験。

 

自身の足と靴の悩みからドイツ式フットケアスクール アカデミー オブ トータルセラピー へ入学。*JPポドロジー・プロフェッショナルコース修了。

 

インターンで拝見したご年配のお足の神々しさに感激し、転職を決意。スクール直営サロン「爪切り屋 足楽 銀座店」勤務、フットケアの経験を積む。子どもの頃よりなじみの深い吉祥寺にて開業。

 

現在、下北沢病院運営の『足の番人』プロジェクト世田谷講習受講中。
シルバーバッジ取得済み(下北沢病院は2016年リニューアルオープン、「足と糖尿病の専門病院」)。


「フットケア業務賠償責任保険」(損害保険ジャパン日本興亜(株))に加入済み。
JPポドロジーネット会員。足育研究会会員。足と靴の研究所メンバー。武蔵野商工会議所会員。

趣味:映画鑑賞(好みは『ロング・グッドバイ』『決闘高田の馬場』他)、ホットヨガ(吉祥俱楽部にて)

 

(ご参考)

*JPポドロジーとは
ドイツでは国家資格となっているポドロギー。JPポドロジーは本場ドイツのフットケアの技術の優れた部分と、日本のニーズに合わせたオリジナル・システム。コンセプトは、足から考える全身の健康。生理学・解剖学上の理論から始まり、魚の目・タコ・外反母趾、巻き爪などのトラブルのトリートメント、正しい靴選びと歩き方など、最高レベルの理論と技術で構成されている。
詳細はこちら→ http://www.noir-blanc.biz/jp_podonituite.html#chart

 

修了者にはドイツ本校・ノイエンブルグ・ポドロギーシューレ認定の修了証書が授与される。