衛生管理紹介


フットケアにおける感染予防は、とても大切なことです。

病院・クリニック程厳密な管理をできるわけではもちろんないのですが、少しでも安心して施術を受けて頂くために、衛生管理についてご案内いたします。


【衛生管理の目的】

細菌やウィルス等の病原微生物の感染による疾患(感染症)の予防

 

【衛生管理の実務】

・施術者は施術前後に手指洗浄・エタノール消毒をし、施術中はグローブをしております。

・施術前後にお客様のお足をエタノール消毒させて頂いております。

 ※エタノールアレルギーがある方はお申し出いただけましたら別の消毒方法(ベンザルコニウム塩化物)をご用意します。

・施術者のマスクとグローブは使い捨てです。


・器具は施術ごとに以下の洗浄と消毒を行います。

 a.耐水性の器具

  洗浄:中性洗剤を使用してブラシ洗浄、流水ですすぎます。

  消毒:エタノール使用の場合、10分以上漬け込むか、コットンに十分含ませて拭きます。
     紫外線滅菌機使用の場合、15分以上入れています。

 b.耐水性でない器具(バッファーやダストブラシ…あまり使用しません)

  洗浄:布等で拭き、表面の目に見える汚れを除去します。
  消毒:紫外線滅菌機に15分以上入れています。


・カラーの際のベースコート・エナメル・トップコートは、お客様のご持参をお願いしております。
 (2020年3月現在、ハケ部分が洗浄できないのでリスク管理が難しいように感じられ大事をとって。

  引き続き調べます。)

 

・ベッドや枕、足枕の衛生にも気をつけます。

 お客様毎にきれいな使用面になるよう、シーツやカバーを管理いたします。

 シーツ、上掛け、タオル類は、毎日洗濯をしております。

 

 

【一般的知識としてお伝えしたいこと】

・“白癬菌が皮膚表面に付着しても24時間以内に足をきれいに洗えば、感染を防ぐことができます。”
 (皮膚科Q&A テーマ:白癬 足裏や爪の水虫は白癬菌によって生じる感染症です)

・“爪甲が緑色に染まるのは細菌の一種である緑膿菌の感染によるもの”
 (皮膚科Q&A Q16緑色爪

 “付け爪と自爪との間に隙間が出来ると緑膿菌の感染を生じることもあります”
 (皮膚科Q&A Q22ジェル・ネイル

 “恐るべし緑膿菌 なんと消毒薬の中にも”

 (ナースマガジン 「グリーンネイル」って 何ぞや?