Q & A

 

 

Q1. 強引なセールスをされるのでは、と心配です。
A. コースや回数券の販売・次回ご予約を強くお勧めするといったことはしておりません。
 その点、ご安心ください。

Q2. カード払いはできますか。

A. クレジットカード(VISA・Mastercard・American Express)でお支払い頂けます。
 SMSかメールアドレス宛ての電子レシートをその場で送信いたします。
 紙での発行が必要な場合、手書き領収書をお渡ししています。
 

 

Q3. 定期的に通う場合、ケアの頻度を教えてください。
A. お爪ケアは通常4週間に1度、夏場は伸びるのが早いので3週間に1度の方もいらっしゃいます。
 個人差がありますので、初回から4週間後の伸び方をご覧になってペースを決められてはいかがでしょうか?

 

 角質ケアも表皮のターンオーバーに合わせ、4週間に1度がお勧めです。
 ウオノメが特にできやすい方は違和感が強くなる前に、より短い間隔でケアされるのがお勧めです。

 

 

Q4. ケアを受ける際の注意点を教えてください。
A. お爪切りの初回は、できるだけお爪を伸ばしていらしてください。

 ウオノメはスピール膏を貼っていらっしゃるとケアできません。はがし、周りのふやけた肌が落ち着くのを待ってお越しください。

 

 

 Q5. サロンへはどんな服装で行けばいいですか。持ち物はありますか。
A. サロン内にはお着換えスペースがございません、すぐ裸足になれるようなお足元がお勧めです。
 お爪や角質ケア、足首下のリラクゼーションケアまででしたら、足首が十分に出せる服装で大丈夫です。

 膝下トリートメントもご予定の方は、膝上まで出せる服装でお願いいたします。
 持ち物は特にございません。

 

 

Q6. サロン施術中、どの様な姿勢で過ごすことになりますか。
A. ベッドにあがって頂きます、そのままお休みになる方もいらっしゃれば、座り姿勢でずーっとご覧になる方もいらっしゃいます。お好みでお過ごしください。

 

 

Q7. サロンは静かに休める環境ですか。
A. 起業家支援のシェアスペースを利用したサロンです。
 時にはお隣で元気な勉強会が行われていることもあり、プライベートサロンのような静謐さはお約束できません。ご理解くださいませ。

 

 

Q8. 医療職でないセラピストが爪を切ってもいいんですか。

A. 医行為となる爪切りもありますので、法に触れない、セラピストが可能な範囲でケアしています
そのため、爪のご病気や生傷がある場合、また、水虫と思われる場合はケアができず、人工透析や糖尿病、リウマチなどで治療中の方、血液をサラサラにするお薬を服用中の方は基本的にケアを控えております。
 医行為に相当する爪切りは皮膚科へご相談ください。
 ご参考:「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」(平成17年7月28日 厚生労働省)

 

 

Q9. 糖尿病ですがケアできませんか。
A. 治療中、服薬中の方は、ケアできません
 食事・運動療法の方は、かかりつけのお医者様のご同意あり、注意事項の申し送りが頂ける場合のみ、ケアいたします(かかりつけのお医者様への説明文書をご用意しておりますのでお申し付けください。お客様にはケア当日に念書にご署名をいただきます)。

 

 

Q10. 血液をサラサラにする薬を服用していますがケアできませんか
A. 血液をサラサラのお薬を服用されていると出血しやすく、出血した時に血が止まりにくいということがあります。もし施術に伴い出血した場合には、残念ながら十分な対応ができません。

 フットケアで出血することは非常に稀ですが、お客様の健康に関わることですので、万一を考えています。
 かかりつけのお医者様のご同意あり、注意事項の申し送りが頂ける場合のみ、ケアいたします(かかりつけのお医者様への説明文書をご用意しておりますのでお申し付けください。お客様にはケア当日に念書にご署名をいただきます)。