Q & A

 

 

Q1. 強引なセールスをされるのでは、と心配です。
A. コースや回数券の販売・次回ご予約を強くお勧めするといったことはしておりません。

 定期的に通われるとよりよい状態に、美しくなっていくのは確かです。が、きちんとホームケアをなさる方であればサロンが絶対必要なわけでもありませんし、お客様それぞれにご事情がおありかと思います。
 施術はリラックスして受けていただきたいと思っております。

 安心してご来店ください。

 


Q2. ネイルサロンや病院とはどう違いますか。
A. ある種の美の追求についてはネイリストさんに全くかなうものではありません。そちらのご要望が強い場合はネイルサロンを心からお勧めいたします。

 ぱちぱちのケアは健康美をサポートするものです。お爪については、往々にして、ケアしたてよりも4週間後の方が美しいです。私のケアだけで美しくなるのではなく、お客様ご自身がお持ちの力がそのように美しくするのだと、拝見していつも思います。角質ケアについては、ネイルサロンは軽めのケアが多いように聞きます(もちろんサロンにも拠りますし、施術者にも拠ります!)。ぱちぱちは削り過ぎない範囲でしっかり目のケアを心がけています。よろしかったらお試しください。

 病院との違いですが、保険が効かないので料金が高い、というのがまずあります。また、治療、お傷や病気の対処は当然できませんし、健康上のリスクが高いお客様へのケアも控えております。その上で、ぱちぱちの強みを書きますと、予約制なので待ち時間がなく、終了時間もお読みいただけます。専用の道具を揃えていますので、フットケアに力を入れていらっしゃらない病院に比較すると、もしかすると細かな丁寧なケアが可能です。

また、何かの時にLINEやメールで尋ねやすい、という点も好評です。

 

Q3. どんな道具を使いますか、痛くないですか。
A. きれいなお爪切りのために、まず爪周囲のクリーニングをいたします。その際はウッドスティックにコットンを巻き付けた綿棒、金属製のポイントスティックを使用します。
 お爪切りには4つのニッパーを、目的に合わせて使い分けています。仕上げはやすり掛けですが、やすりも3種類ほど用意して使い分けています。
 厚い爪を削ったり、厚いタコやウオノメを削ったりするのはドイツ製の吸引機能付きマシンです。角質ケアは手仕上げで、やはりドイツ製のレデューサーという道具を使用します。
 お痛みがあるのは稀、とお考えください。施術を受けながらぐっすりお休みいただけましたら何よりです。
 


Q4. 予約はとりやすいですか。
A. 2021年7月現在、混み具合はそれほどでもないので取りやすいと思います。

 (空き状況はサイトトップページのカレンダーでご案内しております。)
 個人営業のため、施術中の電話やメール等には対応ができません。お早目のご連絡が助かります。

  

 

Q5.予約後のキャンセル・変更にかかる費用を教えてください
A.
ご予約後の
日時変更・キャンセルは 次の料金を頂戴します。

  ・前日19時までにご連絡頂けましたら無料。

 ・当日ご連絡はご予約料金の50%(※)

 ・ご連絡なしのキャンセルはご予約料金の100%(※)

 ※ ご自身やご家族に事故事件急病など大事があった場合や、急激な天候変化でご来店に危険が伴いそうな場合は、連絡を頂けましたら当日でも無料です。

 

 

Q6. カード払いはできますか。

A. クレジットカード(VISA・Mastercard・American Express・JCB・Diners Club・Discover)でお支払い頂けます。SMSかメールアドレス宛ての電子レシートをその場で送信いたします。
 

 

 Q7. 初回の受付票の記入が面倒です…。

A. LINE・メール・Messengerでお問合せ&ご予約の方は、そのまま受付もでき、当日の紙への記入は不要です。尚、受付時に伺うのは以下の通り、最低限の内容にとどめております。
<お名前(漢字・フリガナ)/お電話番号 (悪天候・緊急時に使用)/ご来店のきっかけ(紹介・検索・他)/施術上の注意点(エタノールアレルギーや取り辛い姿勢、気になっていること事前に伝えたいこと)>
 

 

Q8. 定期的に通う場合、ケアの頻度を教えてください。
A. お爪ケアは3~4週間に1度がお勧めです。
 個人差がありますので、初回から3週間後の伸び方をご覧になってペースを決められてはいかがでしょうか?

  角質ケアも4週間に1度がお勧めですが、角質が特につきやすい方は違和感が強くなる前に、より短い間隔でのご利用がお勧めです。

 

 

Q9. ケアを受ける際の注意点を教えてください。
A. お爪切りの初回は、できるだけお爪を伸ばしていらしてください。

 ウオノメはスピール膏を貼っていらっしゃるとケアできません。はがし、周りのふやけた肌が落ち着くのを待ってお越しください。

 

 

Q10. サロンへはどんな服装で行けばいいですか。持ち物はありますか。
A. サロン内にはお着換えスペースがございません、すぐ裸足になれるようなお足元がお勧めです。
 お爪や角質ケア、足首下のリラクゼーションケアまででしたら、足首が十分に出せる服装で大丈夫です。

 膝下トリートメントもご予定の方は、膝上まで出せる服装でお願いいたします。
 持ち物は特にございません。
 ※ジェルは落としてご来店ください。エナメルオフはお時間と料金をいただきます。

 

 

Q11. サロン施術中、どの様な姿勢で過ごすことになりますか。
A. リクライニングチェアでお過ごしいただきます、そのままお休みになる方もいらっしゃれば、ずっとご覧になる方もいらっしゃいます。お好みでお過ごしください。

 

 

Q12. サロンは静かに休める環境ですか。
A. 比較的静かな場所ですが、街中のアパートの一室ですので、周囲の話し声笑い声が聞こえることもございます。ご理解くださいませ。

 

 

Q13. 医療職でないセラピストが爪を切ってもいいんですか。

A. 医行為となる爪切りもありますので、法に触れない、セラピストが可能な範囲でケアしています
そのため、爪のご病気や生傷がある場合、また、水虫と思われる場合はケアができず、人工透析や糖尿病、リウマチなどで治療中の方、血液をサラサラにするお薬を服用中の方は基本的にケアを控えております。
 医行為に相当する爪切りは皮膚科へご相談ください。
 ご参考:「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」(平成17年7月28日 厚生労働省)

 ご参考:「高齢者介護施設におけるフットケアサービスの実施に係る医師法の取り扱いが明確になりました~産業競争力強化法の「グレーゾーン解消制度」の活用~」(平成29年11月20日 経済産業省)

 

 

Q14. 糖尿病ですがケアできませんか。
A. 治療中、服薬中の方は、ケアできません
 食事・運動療法の方は、かかりつけのお医者様のご同意あり、注意事項の申し送りが頂ける場合のみ、ケアいたします(かかりつけのお医者様への説明文書をご用意しておりますのでお申し付けください。お客様にはケア当日に念書にご署名をいただきます)。

 

 

Q15. 血液をサラサラにする薬を服用していますがケアできませんか
A. 血液をサラサラのお薬を服用されていると出血しやすく、出血した時に血が止まりにくいということがあります。もし施術に伴い出血した場合には、残念ながら十分な対応ができません。

 フットケアで出血することは非常に稀ですが、お客様の健康に関わることですので、万一を考えています。
 かかりつけのお医者様のご同意あり、注意事項の申し送りが頂ける場合のみ、ケアいたします(かかりつけのお医者様への説明文書をご用意しておりますのでお申し付けください。お客様にはケア当日に念書にご署名をいただきます)。  

 

 

Q16. 出張はできますか。
A. たいへん恐縮ですが、現在承っておりません

 

 

Q17. ペットは同伴できますか。
A. たいへん恐縮ですが、ご同伴いただけません。
 ご参考:「理容所及び美容所における衛生管理要領」(昭和56年6月1日 厚生省)

 

お客様のチェアにぴったりの、大きなテーブルも用意がございます。

施術中PCを使われたい方、お仕事・読書をされたい方、お気軽にお申し付けくださいませ。